NEWS&TOPICS

少林寺拳法部

平成29年度 少林寺拳法 埼玉県新人大会 

期日 平成29年11月23日(木)
会場 埼玉県立岩槻北陵高等学校
成績

 

 男子規定単独演武の部  舩戸 綜馬 君  265点  優勝  全国選抜大会 出場権獲得
 男子自由単独演武の部  水川 光 君  262点  3位  関東選抜大会 出場権獲得
 男子規定組演武の部  篠宮・菅井 組  252点  優勝  全国選抜大会 出場権獲得
 男子自由組演武の部  川村・神嵜 組  262点  優勝  全国選抜大会 出場権獲得
 男子団体演武の部  川越東高校  267点  優勝  全国選抜大会 出場権獲得
 男子総合優勝校  川越東高校    優勝  

コメント

男子5種目中4種目で優勝することができ、関東選抜大会、全国選抜大会の出場権を獲得することができました。

1年生はほとんどが4月から少林寺拳法を始めた子たちですが、今大会で日頃の練習の成果を出してくれました。

12月の関東選抜大会、3月の全国選抜大会に向けて今以上に個々人の力を高めるよう練習を重ねて参ります。

今後とも応援よろしくお願い致します。

2017年少林寺拳法世界大会 in カリフォルニア, USA

期日 2017年 7月29日(土)~8月2日(水)
会場 サンマテオ イベントセンター(アメリカ カリフォルニア州サンマテオ市)
成績

 男子級拳士の部  栗原・髙木 組 世界大会 5位 入賞 

コメント

 4年に一度開かれる少林寺拳法の世界大会ですが、今回はアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンマテオ市での開催でした。
 本校からは、昨年大分県での全国大会に優勝した3年生の栗原君・髙木君の組が級拳士日本代表として選ばれ、今大会に出場してきました。
 大会の中身は、世界22ヶ国から500人以上の出場選手が参加した大規模なものでしたが、その中においても栗原・髙木組は強豪インドネシアなどと肩を並べて、世界5位という非常に素晴らしい成績をおさめてくれました。応援して頂いた皆様、ありがとうございました。

平成29年度 第44回 全国高等学校少林寺拳法大会(インターハイ) 

期日 平成29年8月5日(土)~8月7日(月)
会場 塩釜ガス体育館(宮城県 塩竃市)
成績

 男子単独演武の部  栗原 有吾 君  260点 15位 
 男子団体演武の部  川越東高校  266点  3位

コメント

 単独演武の部では、3年生の栗原君が予選、準決勝を勝ち進み、決勝に勝ち残り、健闘してくれました。
 団体演武の部では、1位2位の同点268点に次ぐ、266点という成績で全国3位になることができました。
 3年生は今大会で引退でしたが、3年間の修練の成果を出し切った結果の団体全国3位であり、高校生活最後の大会を有終の美で締めくくることができた形となりました。3年生はこれから受験モードに専念し、そして部の方は、新主将の川村君を中心に、新体制で尽力していきます。たくさんの応援ありがとうございました。

平成29年度 インターハイ少林寺拳法競技 埼玉県二次予選会

期日 平成29年6月17日(土)
会場 埼玉県立いずみ高等学校武道場
成績

 男子団体演武の部  川越東高校 269点 優勝  インターハイ出場権獲得 
 男子単独演武の部  栗原 有吾 君 260点 準優勝  インターハイ出場権獲得
 男子組演武の部  植村 ・ 横田 組 261点 準優勝  インターハイ出場権獲得

コメント

 団体演武の部で優勝、単独演武の部で3年生栗原君が準優勝、組演武の部で3年生植村君と横田君の組が準優勝し、計3種目でのインターハイ出場権を獲得することができました。

 インターハイの少林寺拳法競技は宮城県塩竃(しおがま)市で行われます。全国の強豪校と肩を並べて戦い成果を出せるよう、頑張って参ります。

第48回 関東高等学校少林寺拳法大会

期日 平成29年6月10日(土)~11日(日)
会場 秋葉台文化体育館(神奈川県藤沢市) 
成績

 男子組演武の部  内田・川村 組 257点 8位 
 男子団体演武の部  川越東高校 262点  準優勝 

コメント

 団体演武の部では、ライバル校である桜林高校に2点差まで迫り、準優勝することができました。個々人の身体能力では桜林高校の方が優れている面も多いですが、6人が一つになる団体演武では、強豪校にも見劣りしない演武を披露してくれました。そのほか、組演武では、3年生内田君と2年生川村君の組が8位入賞することができました。

 次週にインターハイ予選が控えているため、インターハイ出場の切符を獲得できるよう、そしてインターハイの舞台で全国の強豪校と戦って優秀な結果を残せるよう、さらなる向上を図ります。

第28回埼玉県高等学校体育連盟少林寺拳法大会兼関東高等学校少林寺拳法大会埼玉県予選会

期日 平成29年4月30日(日)
会場 埼玉県立小川高等学校体育館
成績

 男子組演武の部

植村 ・ 横田 組

川村 ・ 内田 組

259点

258点

3位

4位

関東大会出場

関東大会出場

 男子単独演武の部

髙木 佳裕 君

栗原 有吾 君

神嵜 真季 君

260点

259点

258点 

3位

4位

5位

関東大会出場

関東大会出場

関東大会出場

 男子団体演武の部 川越東高等学校 263点 優勝 関東大会出場 
 男子総合優勝 川越東高等学校   優勝   

コメント

 男子総合優勝をすることができ、団体を始め計6組が関東大会出場を決めることができました。

 なお、今年度からインターハイ出場権の決定方式が変更となっており、今回の県予選会で優勝しただけではインターハイ出場が決まりません。

 インターハイ出場権を獲得するためには6月10、11日に行われる関東大会、6月17日に行われるインターハイ予選会で結果を出すことが必要ですので、6月に向けて気を引き締め頑張ります。

第20回 全国高等学校少林寺拳法選抜大会

期日 平成29年3月24日(金)~26日(日)
会場 善通寺市民体育館(香川県善通寺市)
成績

 男子団体演武の部 川越東高校  266点   3位

コメント

 昨年は男子最優秀都道府県で埼玉県が選ばれましたが、今年は2連覇を逃し、優勝旗は東京都へ譲る結果となりました。

 団体では、3位に入ることができ、全国の強豪に引けを取らない気迫あふれる演武を見せてくれました。また、生徒達は今回の大会で他校のレベルの高い演武を見て、動きの大きさやキレ、技の正確さなど、自分たちが現状差をつけられている部分も学んだようです。
 4月には、県大会が実施されます。夏のインターハイへ向かう第一歩として、幸先の良いスタートが切れるよう、今回の大会で学んだことを胸に、基本を重視して修練を積みます。

第19回  関東高等学校少林寺拳法選抜大会

期日 平成28年12月24日(日)
会場 秩父宮記念体育館(神奈川県藤沢市)
成績

 

 男子自由組演武の部  高木・横田 組  252点  9位  全国大会出場
 男子規定単独演武の部  水川 光  君  251点  9位  全国大会出場
 男子自由単独演武の部  栗原 有吾 君  255点  4位  全国大会出場
 男子団体演武の部  川越東高等学校  262点  準優勝  全国大会出場

コメント

 関東選抜の大会は昨年度まで総合優勝10連覇を成し遂げてきましたが、今回は桜林高校に優勝を譲る形となってしまい、連覇を逃しました。

 団体演武では、優勝した桜林高校とは1点差で準優勝でした。今回はこれまで出場していた1年生で有段者の川村君が手術のためにメンバーから離脱し、代わって同じく1年生で級拳士の水川君が入っての出場でした。水川君は、これまで数ヶ月練習を重ねてきた他のメンバーの中に急遽入る形となり、2週間足らずで演武を完成させなくてはならなかったため大変だったと思いますが、よくやってくれました。そのような状況下で優勝校と1点差に食らいつけたということは上出来です。

 全体としては、今回の結果からも課題が山積していることは明白ですが、まずは一人ひとりが「負けない」という気持ちをより強く持ち、どうすればよいのかを考えてひたむきに日々の練習をしてほしいです。次回は3月に全国選抜大会がありますので、そちらへ向けて今後頑張ります。

平成28年度 第20回 埼玉県高等学校少林寺拳法新人大会

期日 平成28年11月26日(土)
会場 埼玉県立 狭山清陵高等学校(埼玉県狭山市)
成績

 男子規定単独演武の部   水川 光 君  254点  3位 (関東選抜大会出場権獲得)
 男子自由単独演武の部  栗原 有吾 君  258点  準優勝 (関東選抜大会出場権獲得)
   植村 一翔 君  256点  5位
 男子自由組演武の部    高木・横田 組  256点  3位 (関東選抜大会出場権獲得)
   川村・内田 組   256点  4位
 男子団体演武の部 川越東高等学校 261点  優勝 (全国選抜大会・関東選抜大会出場権獲得)
 男子総合優勝  川越東高等学校  

 

コメント

 団体演武の部で優勝し、総合優勝校になることができました。

 新体制の今回は、2年生が5名、1年生が2名しかいないため、団体演武の出場メンバー6名のうち1名は1年生という状況での大会出場でした。

 また、高木君、横田君の組演武では、思わぬ形で突きが当たってしまうアクシデントがありひやっとしましたが、なんとか3位になることができ、関東選抜大会の出場権を獲得できたので良かったです。

 出場した選手達は皆入賞以上の結果でしたが、その内容は、より一層練習を積み、磨きをかける必要があります。3月の全国選抜大会までにはしっかりと完成度を高めていきたいと思います。

2016年少林寺拳法全国大会inおおいた

期日 平成28年10月29日(土)~10月30日(日)
会場 BーCON PLAZA 別府国際コンベンションセンター(大分県別府市)
成績

男子級拳士の部  栗原 ・高木 組  265点 優勝 (世界大会出場権獲得)

男子初段の部    池知 ・田村 組  266点 6位  

一般団体の部    埼玉県                 264点 10位  

コメント

世界大会の予選を兼ねた大会でした。全国大会ということで,高校生だけでなく大学生や地域の道場で練習を積んでいる全国の拳士が一堂に会し,様々な種目に分かれて競技が実施されました。
男子初段の部で、3年生池知・田村組が6位入賞、一般団体の部では、3年生6名が競技に臨み、結果は10位でした。3年生は高校生活の集大成として今回の大会に臨んだのですが、全国のレベルの高い大学生らも入り混じる中での初段の部6位、団体10位という結果ですので、とても立派です。これまでの修練の成果を十分に発揮できていました。
そして、級拳士の部では、2年生新主将の栗原君、同じく2年生の高木君の組が、2位と2点差をつけて優勝し、2017年にアメリカ、カリフォルニア州で行われる世界大会への出場権を獲得しました。ここから世界一を目指して頑張ります。今まで同様、応援よろしくお願い致します。

このページの先頭へ