少林寺拳法部

第19回  関東高等学校少林寺拳法選抜大会

 

 男子自由組演武の部  高木・横田 組  252点  9位  全国大会出場
 男子規定単独演武の部  水川 光  君  251点  9位  全国大会出場
 男子自由単独演武の部  栗原 有吾 君  255点  4位  全国大会出場
 男子団体演武の部  川越東高等学校  262点  準優勝  全国大会出場

コメント

 関東選抜の大会は昨年度まで総合優勝10連覇を成し遂げてきましたが、今回は桜林高校に優勝を譲る形となってしまい、連覇を逃しました。

 団体演武では、優勝した桜林高校とは1点差で準優勝でした。今回はこれまで出場していた1年生で有段者の川村君が手術のためにメンバーから離脱し、代わって同じく1年生で級拳士の水川君が入っての出場でした。水川君は、これまで数ヶ月練習を重ねてきた他のメンバーの中に急遽入る形となり、2週間足らずで演武を完成させなくてはならなかったため大変だったと思いますが、よくやってくれました。そのような状況下で優勝校と1点差に食らいつけたということは上出来です。

 全体としては、今回の結果からも課題が山積していることは明白ですが、まずは一人ひとりが「負けない」という気持ちをより強く持ち、どうすればよいのかを考えてひたむきに日々の練習をしてほしいです。次回は3月に全国選抜大会がありますので、そちらへ向けて今後頑張ります。