合唱部

第30回ヴォーカルアンサンブルコンテスト

   銀賞

コメント

  男声合唱組曲  「雪と花火」より         北原白秋作詩  多田武彦作曲

      Ⅳ  花火

  男声合唱曲の名曲 花火を演奏しました。花火のはなやかさとはかなさ。

  情景と心情が重なる味わい深い世界観の表現に指揮者なしで挑みました。

  技術的にまだまだ課題はありますが、練習の成果を存分に発揮できたアンサンブルだったと思います。

  メンバーがひとつになって花火の世界を作り上げ、舞台だけでなく客席と刹那の時間共有した経験となりました。