関連サイト

学校長挨拶

「礎」となる3年間を

川越東高校は、現在は数少ない「付属中学校を併設しない私立の男子校」です。生徒は全員同じスタートラインに立ち、充実した施設・設備に恵まれた環境のなかで、勉強と部活動に汗を流す3年間を過ごすことになります。そして、それぞれに高い目標を掲げ、それを実現すべく日々一生懸命取り組んでいます。

私たちが真に願っているのは、学校生活のうちのどれかではなく、全ての場面でそれぞれのことに、全身全霊をかけて取り組むことです。試行錯誤を繰り返しながら、最終的にこの学校を卒業するまでに「人に優しく、正義感に溢れた青年になってほしい」と願っています。そのような精神的な成長があって、はじめて真の文武両道は達成されるのではないか、と考えています。

これまでに一万五千人を超える生徒が、この学校を巣立っていきました。多くの先輩が実に様々な分野で、活躍してくれています。さあ、今度は皆さんの番です。どうか、高い志をもって、この恵まれた自然環境と、充実した施設・設備を誇る「陸の孤島」に来てください。

生徒・教職員一同、楽しみに待っています。

学校長 星野 昭

このページの先頭へ