NEWS&TOPICS

少林寺拳法部

2019年度 インターハイ少林寺拳法競技 埼玉県二次予選会

期日 2019年 6月9日(日)
会場 埼玉県立いずみ高等学校武道場
成績

 男子単独演武の部  松本 大智 君  259点  優勝  インターハイ出場権獲得 
 男子組演武の部  神嵜・舩戸 組  263点  優勝  インターハイ出場権獲得 
 男子団体演武の部  川越東高校  262点  優勝  インターハイ出場権獲得 
 男子総合優勝  川越東高校      

コメント

 今大会でも関東大会県予選に引き続き、男子全種目で優勝し、出場した全員がインターハイ出場権を獲得することができました。2,3年生のフルメンバーに加えて、1年生ながら今大会の単独演武の部で優勝した松本君も、全国の舞台で戦います。

 2019年のインターハイ(少林寺拳法競技)は宮崎県宮崎市「KIRISHIMAツワブキ武道館」で行われます。

応援よろしくお願い致します。

2019年度 第50回 関東高等学校少林寺拳法大会

期日 2019年6月1日(土)~2日(日)
会場 東京武道館(東京都足立区)
成績

 男子組演武の部 神嵜・舩戸 組 261点  優勝 
 男子単独演武の部 松本 大智 君  256点 3位
 男子団体演武の部 川越東高校 259点 3位

コメント

 組演武の部では、3年生主将の神嵜君と舩戸君の組が気迫溢れる演武を披露し、関東大会の組演武の部では4年ぶりに優勝することができました。また、単独演武の部では、1年生の松本大智君が活躍し、1年生にして3位入賞を果たしました。

 団体演武は1位、2位と2点差で3位という結果でしたが、3年生の団体メンバーにとっては、このメンバーでの団体演武出場も残りわずかです。今週末、6月9日(日)にあるインターハイ二次予選で勝って、夏のインターハイの舞台で、このメンバーでの最後の団体演武を披露できるよう、全力を尽くします。

2019年度 第30回埼玉県高等学校体育連盟少林寺拳法大会 兼 関東高等学校少林寺拳法大会 埼玉県予選会

期日 2019年 4月28日(日)
会場 埼玉県立小川高等学校体育館
成績

男子組演武の部

神崎・船戸 組

菅谷・吉田 組

261点

254点

優勝

5位

関東大会出場権 獲得

関東大会出場権 獲得

 男子単独演武の部 松本 大智 君 261点 優勝  関東大会出場権 獲得 
 男子団体演武の部 川越東高等学校 260点 優勝  関東大会出場権 獲得 
 男子総合優勝 川越東高等学校      

コメント

 今大会では、単独演武、組演武、団体演武の3種目すべてで優勝することができ、久々に総合優勝することができました。そして、1年生から3年生まで出場した全員が関東大会出場権を獲得することができました。

 次回は6月1日、2日に東京武道館で開かれる関東大会です。関東大会でも好成績を目指して、部員一同頑張ります。

2019年 第22回 全国高等学校少林寺拳法選抜大会

期日 2019年 3月23日(土)~25日(月)
会場 善通寺市民体育館(香川県善通寺市)
成績

 男子規定組演武の部 菅谷・吉田 組 257.0点 4位
 男子自由組演武の部 神嵜・舩戸 組 258.0点 8位 
男子自由組演武の部 篠宮・菅井 組   予選敗退
男子団体演武の部 川越東高校   決勝進出 (出場辞退)

コメント

 今大会では、1年生の菅谷・吉田組が男子規定組演武の部で決勝に進出し、第4位という素晴らしい結果を出してくれました。ただ、本人達は優勝を目指していたため悔しい思いをしたようですが、そうした高みを目指す姿勢が次の大会に繋がるでしょう。

 2年生の篠宮・菅井組、同じく2年生の神嵜・舩戸組はともに男子自由組演武の部での出場でした。篠宮・菅井組は惜しくも予選通過ならずでしたが、神嵜・舩戸組が決勝へと進出しました。

 神嵜・舩戸組は、決勝の演武中に舩戸君が頭部から落下するというアクシデントがあり、残念ながら入賞には届かず第8位という結果でした。

 また、組演武の直後に予定されていた団体演武の決勝については、前述のアクシデントがあったため、やむなく出場辞退という形にしました。舩戸君本人は強く出場を希望していたのですが、本人の将来のことも考えての決断です。

 この結果、13年連続続いていた全国大会団体の連続入賞記録も途絶えてしまい、部員達は非常に悔しい大会となりましたが、すぐに関東大会県予選、インターハイ予選と大会は続きます。前を向いて頑張っていきたいと思います。

平成30年度 第21回  関東高等学校少林寺拳法選抜大会

期日 平成30年12月23日(日)
会場 東京武道館(東京都足立区)
成績

 男子規定組演武の部 菅谷・吉田 組 262点  優勝  
 男子自由組演武の部

神嵜・舩戸 組

篠宮・菅井 組

256点

255点

3位

6位

 

全国選抜大会 出場権獲得

  男子団体演武の部 川越東高校  259点 3位 全国選抜大会 出場権獲得 
 男子総合優勝校

川越東高校

  優勝 (同率1位)  

コメント

 今大会に出場した組のうち、規定組演武の部で優勝した菅谷・吉田組と、自由組演武の部で3位入賞を果たした2年生の神嵜・舩戸組の二組は、昨年11月に行われた埼玉県の新人大会で既に全国選抜大会の出場権を獲得しているため、今回は、自由組演武の部で6位入賞した篠宮・菅井組と、3位入賞の団体演武の枠で新たに全国選抜大会の出場権を獲得しました。そして、これで部員全員揃って3月の全国選抜大会に出場できる形となりました。

 大会前は怪我などで思うように練習できない時期も続きましたが、それを乗り越えて結果を出してくれ、今回ライバル校の桜林高校と同率一位という形で3年ぶりに男子総合優勝をいただくこともできした。

 3月に香川県で行われる全国選抜大会に向けて、全員が最高のコンディションで臨むことを意識しながら、高みを目指していきます。応援よろしくお願い致します。

平成30年度 第22回少林寺拳法 埼玉県新人大会 

期日 平成30年11月18日(日)
会場 埼玉県立岩槻北陵高等学校
成績

男子規定組演武の部 菅谷・吉田 組  259点 優勝 全国選抜大会 出場権獲得 
男子自由組演武の部

神嵜・舩戸 組

篠宮・菅井 組

264点

259点

優勝

3位

全国選抜大会 出場権獲得

関東選抜大会 出場権獲得

男子団体演武の部 川越東高校 264点 準優勝 関東選抜大会 出場権獲得

コメント

 出場した男子規定組演武、男子自由組演武、男子団体演武の3種目全てで関東選抜大会の出場権を獲得することができました。各種目とも1位は関東選抜大会の出場権とあわせて全国選抜大会の出場権も獲得となるため、1年生の菅谷・吉田組と2年生の神嵜・舩戸組は、3月に香川県で行われる全国選抜大会の出場権も得ています。 団体演武では、ライバル校の城北埼玉高校に1点差で敗れ準優勝でしたが、関東選抜大会では雪辱を果たせるよう頑張ります。

 今大会は、組演武でも団体演武でも、4月から少林寺拳法を始めた1年生2名の成長が感じられた内容でした。12月の関東選抜大会、3月の全国選抜大会に向けて部員全員が一層成長すべく、今後も修練して参ります。

2018年  少林寺拳法全国大会inぐんま

期日 平成30年 10月27日(土)~10月28日(月)
会場 高崎アリーナ(群馬県高崎市)
成績

 高校生団体の部  川村 ・ 神嵜 組 257点 7位
 高校生男子の部  埼玉A (川越東高校) 258点  10位

コメント

 今大会では、高校生男子の部(組演武)で、3年生川村君と2年生神嵜君の組が全国7位、高校生団体の部で全国9位という結果でした。団体演武は、1年生から3年生まで在籍している8名の全部員での団体構成で、1年生にとってはこれが初めての団体演武でした。1年生は先輩達についていくのが大変だったと思いますが、精一杯努力してくれました。

 11月18日には新人大会があるため、今大会の経験を糧に、次に向けて頑張ります。

平成30年度 第45回 全国高等学校少林寺拳法大会(インターハイ) 

期日 平成30年8月3日(金)~8月5日(日)
会場 西尾市総合体育館(愛知県 西尾市)
成績

 男子団体演武の部  川越東高校  258点 6位 
 男子組演武の部  川村・神嵜 組  258点 13位

コメント

 今大会は全国レベルの選手たちと競い合った3日間でした。

 男子団体演武の部では6位入賞を果たすことができましたが、今回は、決勝の舞台で緊張に負けずに力を出し切ることの難しさ、勝つことの困難さを学び、生徒達は悔し涙を流した大会でした。

 大会終了後、3年生の川村君と水川君は引退となりましたが、全国の舞台で「勝つ」ことを次の世代の2年生たちに託していた姿は印象的でした。次は新主将に2年生神嵜君、副将に同じく2年生の篠宮君を据えて新体制で臨んで参ります。たくさんの応援ありがとうございました。

平成30年度(2018年) 埼玉県少林寺拳法大会 

期日 平成30年7月29日(日)
会場 埼玉県立武道館(埼玉県上尾市)
成績

大学生・高校生団体の部

川越東高校

優勝   (全国大会出場権獲得) 
大学生・高校生男子有段の部

川村・神嵜 組

優勝   (全国大会出場権獲得) 
大学生・高校生男子級拳士の部

篠宮・菅井 組

準優勝

コメント

 今大会は埼玉県大会ということで、県内で少林寺拳法に日々取り組む小・中学生、高校生、大学生、一般の方と幅広い層が出場する大会であり、かつ10月27日、28日に群馬県で行われる全国大会の予選を兼ねた大会でした。

 結果は、大学生・高校生男子有段の部で3年生川村君と2年生神嵜君の組が優勝、大学生・高校生団体の部で優勝し、10月の全国大会の出場権を獲得することができました。10月に行われる群馬県での全国大会でも頑張ります。

平成30年度 インターハイ少林寺拳法競技 埼玉県二次予選会

期日 平成29年6月24日(日)
会場 埼玉県立いずみ高等学校武道場
成績

男子団体演武の部 川越東高校 265点 優勝  インターハイ出場権獲得 
男子組演武の部 川村・神嵜 組 265点 優勝 インターハイ出場権獲得
男子単独演武の部

舩戸 綜馬 君

水川 光   君

257点

254点

3位

5位

 

コメント

 団体演武の部と組演武の部で優勝することができ、計2種目でインターハイ出場権を獲得することができました。

 組演武の部でインターハイ出場を決めた3年生川村君と2年生神嵜君の組は、3月の全国選抜大会でも6位入賞しています。今回のインターハイでも良い成績を出せるよう、一層頑張ります。

 団体演武についても、先日の関東大会での準優勝したときよりも良い状態になってきています。インターハイでは、全員で心を一つにして全国の強豪校に勝てる演武を披露できるよう、さらに演武に磨きをかけていきます。

 

平成30年度は、インターハイの少林寺拳法競技は愛知県西尾市で行われます。

応援よろしくお願い致します。

このページの先頭へ