バドミントン部

令和元年度インターハイ予選

団体戦

 準々決勝 川越東高校 3-1 越谷南高校  勝ち 
 準決勝 川越東高校 2-3 叡明高校 負け 

ダブルス

 河野・阿部ペア ベスト16 
 内野・泉ペア ベスト16
 鈴木・松井ペア ベスト16 
 芝崎・鎌田ペア ベスト32
 福島・大木ペア ベスト32 
 森田・岡田ペア ベスト32

シングルス

 泉 駿風  ベスト16
 河野 樹  ベスト32
 阿部 史哉  ベスト32
 鈴木 奏人  ベスト32
 川崎 翔馬  ベスト32
 内野 宏紀  ベスト64
 芝崎 諒  ベスト64
 松井 啓将 ベスト64 

コメント

団体戦ではベスト4、ダブルス、シングルスではともに最高でベスト16という結果になりました。

3年生最後の試合ということもあり、選手はもちろんのこと応援にも気持ちがこもっていました。必死にシャトルを追う先輩たちの姿は、後輩たちの記憶にしっかりと残っていることでしょう。

この大会を機に新チームとして活動していくことになります。今年の結果に負けないぐらい新チームでもがんばっていきたいと思います。